« October 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.12

ドラクエ8の発売日が遅れなかったわけ

 自分の中では今いち、ドラクエ8のやる気度が高まっていないのですが、それは「発売日の遅れ」というイベントがなかったせいかもしれません。これまでの度重なる発売日の延期はユーザーの怒りと共に、飢餓感をあおっていたのではないかと思います。

ドラクエ8:大ヒットの期待背負う ゲーム業界の試金石
http://www.mainichi-msn.co.jp/it/coverstory/news/20041126org00m300108000c.html

これまでドラクエといえば、ゲームの発売延期を重ねるなど「発売時期を決められないゲーム」とからかわれたこともあった。ところが「8」は、経営陣が開発陣をコントロールして、年間最大の商戦期にぶつけることに成功した。ゲームの出来もさることながら、「400万本を超える」と予測されるのは、こうした堅実な戦略があったからだ。

 ドラクエ8発売までの1年間でのシリーズゲーム・玩具でのユーザー層の掘り起こし(剣神ドラゴンクエスト・スライムもりもりドラゴンクエスト・、「ドラゴンクエスト5」のPS2リメーク版)等々。そして何より、発売日を遅れさせないマネージメント体制。こうした、ある意味、商品としては当然のマーケティングが行われていたのでした。
記事では触れられていませんが、スクウェアとの合併効果はこんなところにも現れているのかもしれませんね。

 ”商品”として確立されてしまったドラクエには少し寂しさも感じますが、やはりドラクエはドラクエ。あのオープニングのファンファーレは今でも確かにぼくの心をかき鳴らしてくれます。
もう少し暇ができたら、新たな冒険の旅にでてみるつもりです。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

スクウェア・エニックス
2004-11-27
売り上げランキング 2

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

| | Comments (99) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | January 2005 »